シンガポールを訪れる魅力

東南アジアでは随一の経済先進国であり、観光国としても人気の有るシンガポールの魅力を検証します。

シンガポールを訪れる魅力

シンガポールを訪れる魅力 シンガポールは、東京23区とほぼ同じ国土面積しか有りませんが、人口密度は世界第2位で541万人の国民を有しています。国民は、中華系が77%、マレー系が14%、インド系が8%と圧倒的に中華系多く、文化もチャイニーズニューイヤーを盛大に祝う等、中華系の風習を強く受け継いでいますが、一部地域ではインド人街やアラブストリートが形成されている等、各文化が上手く融合しています。シンガポールは過去には貿易中継基地として発展し、現在では、東南アジア随一の経済先進国として発展しています。

シンガポールの観光地として有名なのは、マーライオン公園やセントーサ島ですが、その他にも、古い倉庫街が残っていたり、ヒンズー教寺院やイスラム教モスク等の各宗教の寺院が有ったり、歴史を重ねたラッフルズホテルが有ったりと、街中を散策するだけでも、見所は盛り沢山です。近年では、セントーサ島のシーアクアリウムやユニバーサルスタジオシンガポールの人気が高くなっていますが、昔からの観光施設としては、タイガーバームガーデンやシンガポール動物園、ワニ園等も有ります。

又、ショッピングもシンガポール観光の楽しみの一つです。大きなショッピングモールやブランド品を扱うショップが多く有ります。特にオーチャードロード沿いには、多くのビルが立ち並び、色々な商品を扱うショップが並んでおり、一日中見て廻っても、廻りきれない程です。この様に、見所が多く、ショッピングも楽しめるシンガポールを訪れてみては如何でしょうか。